「インターネット安全教室」講師トレーニング in香川


9月5日から6日までの1泊2日で、香川県高松市でのインターネット安全教室講師トレーニングに参加しました。

白浜から新大阪まではおなじみの「特急くろしお号」、新大阪から岡山までは「新幹線のぞみ」(久しぶりでした~)、岡山から高松までは「JR快速マリンライナー」(本州から四国へ渡るときの車窓からの眺めがステキでした)、白浜から片道なんと5時間かかりました。

開催場所は、高松駅前にある高松シンボルタワー棟内「e-とぴあ・かがわ」の多目的ホールで、受講生は、約40名でした。

1日目は午後1時半から6時まで、前半はインストラクションポイントを中心に、後半はワークショップで、6グループに別れ、受講者による実演演習が行われました。
私は現在の活動状況などを発表しました。その中で、ちょっと困った時の相談窓口「紀州っ子救援隊」の話しをしたところ、周りから開設したら是非教えてと言われ、ケータイトラブルへの関心の強さはどこも同じだと
感じました。

他府県からの参加者は意外に少なく5~6名でしたが、1日目終了後、他府県からの参加者と講師の方、JNSA担当者の方、「e-とぴあ・かがわ」の方に連れられ、地元のお店で夕食を楽しみました。遠くは大分県からの参加者の方もいて、こういう機会でなければ出会えない人達との交流ができました。
何人かの方から「和歌山といえば、白浜シンポジウムが有名ですよね」と言われ、うれしくなりました。
「来年はぜひ参加してくださいね」宣伝も忘れませんでした。

2日目は、午前9時半から午後3時まで、情報セキュリティ知識教育を中心に学習しました。

今後、予定している「インターネット安全教室」や、NPO独自で実施していますキャラバン隊に、事務局としてだけでなく、講師としても積極的に参加していきたいと思います。(下川)

コメント

このブログの人気の投稿

事務局から見た、第21回白浜シンポジウム

さいぱと君セミナーを開催

サイバー探偵団活動の発表と朝日新聞の取材