ネットワークの有効活用

今日は、和歌山県の方を交えて、県内のネットワークをどのように有効に活用できるか、について意見交換を行った。

こういうときこそ、NPOの活躍の舞台となりたいものだ。

そこで、いろいろと県内ネットワークの状況をお聞きして、NPOの優秀な会員が知恵を絞り、和歌山県の情報政策のお役に立てればと、考えている。




多くの県や地方自治体でも、既存ネットワークの有効な活用方法を懸命に模索している中で、我々がユニークで有効な活用方法を提案できれば、NPOの存在意義も認めてもらえる訳だから、がんばらなくっちゃね。

幸い、会員の中には、知恵者が沢山いるので、議論を戦わせている間にも、どんどんいいアイデアが出て来そう。。。

ボクも、一所懸命考えよっと。。。(臼井)

コメント

このブログの人気の投稿

事務局から見た、第21回白浜シンポジウム

さいぱと君セミナーを開催

サイバー探偵団活動の発表と朝日新聞の取材