投稿

10月, 2012の投稿を表示しています

総務省の説明会と個別相談

イメージ
総務省が実施した地域ICT利活用事業などについて、会計検査院から事業の成果が未だ有効に活用されていない例があるとの指摘があったため、事業に参画した事業者に対して調査や指導のための説明会が近畿総合通信局で開催された。



RIISが事業主になって実施した、シニア見守り事業についても、説明会のあとで個別相談に臨み現在の状況と今後の対策について相談した。


我々の場合、問題は委託金で開発した高齢者支援のセンターシステムが利用されていないことが最大の問題で、現在もこれを有効活用する方法を探っているが、インターネットの回線利用料が高齢者の負担になっているという課題を解決するのは、簡単ではない。

そこで、まずはこのシステムが本当に高齢者のために有効かどうかの調査が必要とのアドバイスをいただき、早速調査を行うことにした。




説明会が終わって駐車場へ向かったが、大阪城が夕日に映えて美しかった。

(臼井義美)

ネットトラブル相談プレート

イメージ
サイバーパトロール事業では、ネットワークを利用していてトラブルに遭遇した人に対してWebで相談に対応することになっているが、その1つの手段としてBig-UのPCブースに相談用案内プレートを置くことになった。


パトロールメンバーが中心となって、プレートを自作して、PCブースに設置した。




このブースは、連日満員の盛況なので、いろいろな相談が寄せられることを期待している。
(臼井義美)

嘉戸くん、長い間ご苦労さま

イメージ
本日をもって、平成20年よりRIISの情報セキュリティ業務である和歌山県内の地方自治体に対する営業活動や白浜シンポジウムの運営に携さわってくれた嘉戸くんが、常勤での勤務を終了した。



彼は、RIISの前事務局長である植谷氏の紹介で、自治体に対するセキュリティ業務の窓口としてRIISに加わってくれたのであるが、彼の家庭の事情やRIISの事業体制の見直しなどについて協議した結果、10月から始まる12期より、同業務を委託形式で協力してもらうことになった。


嘉戸くん、長い間、ご苦労さまでした。引き続き、別の形式でお世話になりますが、よろしくお願いします。
(臼井義美)

紀州博物館を訪問

イメージ
RIISで企画中のスマホアプリのコンテンツについてご相談するために、白浜でいろいろと活動されている玉田氏を訪ねて、紀州博物館に行った。



彼が白浜地域で毎年開催されている各種イベントの記録映像を見せていただきながら、これらの記録映像の発信方法を検討されているというお話を伺った。



その後、我々の考えている企画をご説明し、互いにメリットがある部分で協力して進めていこうとの約束をした。


(臼井義美)