投稿

1月, 2010の投稿を表示しています

NPO実践講座「NPOの情報開示」に参加

イメージ
1月30日、和歌山県NPOサポートセンターが主催されているNPO実践講座に参加した。
今日のテーマは「NPOの情報開示」
~ミッション実現のための信用と資金の獲得にむけて~
東京からいらっしゃった日本財団の山田氏のお話は、テンポ良く、わかりやすい。
あっという間の2時間だった。

NPOに寄付が集まらない4つ理由
・知られていない
・共感できない(活動を理解してもらっていない)
・活動に費用がかかるということを知らない(一般の人は「ボランティアだと思っている)
・寄付行動をサポートできていない(集める仕組みができていない)

なるほど。。。

情報開示の必要性などのお話の後、
後半の情報発信ワークショップでは、本日参加したそれぞれのNPOが、
どんなふうに情報発信しているか書き出して、発表し合った。
改めて反省点、盛りだくさん。

重要要素は3つ、
誰を対象に、どんな方法で、どんな情報を発信するか。

応援依頼力を磨き、外部の人からどう思われているか意識することで、
より組織力が向上すると教えていただいた。
今後、RIISの広報ツールをもっと充実させるとともに、
今度、新しくできる和歌山の公益ポータルサイト「わかば」にも
ぜひ参加したいと思う。

(下川)

猪丼

イメージ
農水省の受託研究として害獣捕獲システムを研究しているが、イノシシ捕獲用檻を購入した鉄工所のオッサンから、近所で捕獲したイノシシの肉をもらった。

早速、事務の吉田さんがその肉を料理をして、猪丼を作ってくれた。^^;

昼食時に、RIISの職員みんなで食べた。

う~ん、猪丼は牛丼とはまた違う風味があっていいね。



最近は、和歌山県でも<">イノシシの被害が多発しており、効果的な捕獲が求められている。

和歌山市その後の顛末
紀ノ川市
岩出市

報道によると、昨年度の県内の農作物の鳥獣害被害は3億2700万円で、イノシシによる被害が全体の約50%を占めたそうだ。

我々のイノシシ捕獲檻の研究が、捕獲に役立てばいいのだが。。。

和歌山県知事も、猪料理は好きそうだし。

仁坂知事、イノシシ料理に舌鼓