投稿

9月, 2011の投稿を表示しています

フィルタリングの取り組みについて打合せ

イメージ
和歌山県庁にて、インターネットの有害情報対策について、打合せをおこなった。

当方からは、ケータイのフィルタリング普及に向けての活動状況を報告した。

和歌山県のフィルタリング普及率があまりよくないという調査結果を受けて、 具体的にどのような対策が考えられるかの一例を示した。

同席された豊田先生からは、ケータイの買い替えの場合、多くはスマートフォンに変更する事例が多いので、キャリア各社はその対応に追われているが、果たして有効な手法があるのだろうかと、新技術の広がりに対する課題を提示された。

KIISにて打合せ

イメージ
大阪に行ったついでに、久しぶりにKIISに寄って、木村氏らと打合せを行った。

今後、国や地方自治体の財政が苦しくなる中で、どのように組織を維持していけばいいか、などの話をした。

そして、災害時対応システムについては、喫緊の課題であるため、互いに情報交換し合って、対応策を考えようとのことにした。




台風12号来襲

イメージ
最近、この辺りは台風の影響を受けないなあと思っていたら、突然、豪雨の形で大被害をもたらした。
Big-uでも土砂降りだったが、周辺の集落は大被害で、当日、Big-uなどで打合せをしていて、自宅に帰ったら「えらいこっちゃ」状態の職員もいた。


ある職員は住んでいる集落が土砂崩れに遭って、自衛隊の救援活動が展開されていると言う。

また、通勤する道路があちこちで崩壊し、開通するには数ヶ月かかるので、迂回道を通ってみたら、危なくてうかつに通れない上、事務所まで2時間以上かかるので、途方にくれている職員もいた。
土砂崩れの現場写真を掲載したいが、今、そんな不謹慎なことを要求できる状態ではないので、一段落したら、お願いしてみたい。

台風12号襲来

イメージ
大型の台風12号が四国に上陸し、和歌山県は暴風雨に見舞われて大きな被害が出た。 幸い、Big-uは丘の上にあり、特に大きな被害はなかったが、雨はものすごかった。
NPOの職員の中には、土砂崩れで交通が遮断され、数ヶ月、事務所に来れないという人や、土砂崩れの普及作業に自衛隊がいっぱい来ている地域の人人や、親類の人と連絡が取れないので、休暇を取って探しに行くという人がいて、被害の大きさを実感した。 上空は、1日中、ヘリが飛び交っていた。

(臼井義美)
イメージ
今日は、和歌山県警からご担当者が大浦事務所の視察と打合せに来られ、それぞれの事業を担当しているチームと質疑応答が行われた。

丁度、季節も夏の終わりで、観光客が少なく道路の混雑もなく、スイスイとこちらに到着された様子。

職員も3ヶ月経って、だんだん、仕事にも慣れてきて、本来の調子が出てきたところだ。

それでも、結構、取り組むべき問題も多く、日々新しい課題に対応している。



このような課題が与えられることによって、さらに現状認識ができ、課題への取り組みを考える機会となるので、今後が楽しみだ。