研究開発に関する特許相談


今後RIISでもいろいろな研究開発を行う可能性があるので、事業を始める前にどのような知的財産に関する準備を行っておくべきかについて、弁理士等にご相談した。

Big・Uでは、発明協会が定期的に相談会を開催しているので、気になったら気軽に相談することができて、とてもありがたい。

今日の主な指導内容は、共同研究で特許に値する案件が出てきて、共同出願することになった場合は、出願前に、商品化されて利益が出たときどのように収益を配分するかを決めておきなさい、ということだった。

当然とは言え、後で揉めごとに発展して後味の悪い結末を迎える事例が絶えないとの事で、気をつけて対応しておきたいことだ。

(臼井義美)

コメント

福ちゃん さんの投稿…
見ました。福ちゃん

このブログの人気の投稿

事務局から見た、第21回白浜シンポジウム

さいぱと君セミナーを開催

サイバー探偵団活動の発表と朝日新聞の取材