東京は暑かった

総務省からの高齢者見守り業務の受託が内諾となったので、同省にご担当を訪ねて受託の条件となっている協議会の運営方法などについてご相談をした。

この日は、ちょうど前白浜町長が厚生省に行かれるとのことで、ご一緒することになった。

東京は晴天で、茹だるような暑さの中を歩いたが、当日はボクの足の調子があまり良くなく、結構、大変だった。



翌日、久しぶりに訪れた衆議院会館は、建て替えが終わったばかりで、議員の執務室もとてもすばらしくなっていた。まだ、建物の周辺は整備中で、議員もこの7月に引っ越したばかりとのことだった。

衆議院会館の廊下の休憩所からは、国会議事堂が正面に見え、なかなかいい見晴らしだが、議事堂も外装の修繕中で、足場が組まれていた。



厚生労働省を訪ねた後、経済産業省に伺い、第14回白浜シンポジウムの報告や次回の危機管理コンテストの方針などについて、いろいろとご相談をし、アドバイスをいただいた。

羽田まではゆとりのあるスケジュールを組んでいたのだが、地下鉄の乗り換えに階段を使ったりしたおかげでますます足の調子が悪くなり、羽田に到着したのはギリギリ。

搭乗手続き中に、「もう搭乗を締め切ったのでは?」と搭乗口と連絡を取ってもらい、「何とか行けます。」ということになり、搭乗手続きをしてもらった女性にボクのかばんを抱えて、メチャ遠い搭乗口まで先導してもらった。



白浜に向かうヒコーキは、ボクが搭乗するまで待ってくれていたようだが、ラッシュの滑走路で前後をでっかいジャンボに挟まれて、踏み潰されそうな状況で飛び立った。

JALさん、どうもスンマセンでした。m(_._)m

(臼井義美)

コメント

このブログの人気の投稿

事務局から見た、第21回白浜シンポジウム

サイバー探偵団活動の発表と朝日新聞の取材