紀央館高校、小山先生と会談


Big・Uに入居されている教育委員会の「学びの丘」に在職中、いろいろとご協力いただいた小山先生を訪ねて紀央館高校を訪問した。

久しぶりにお会いしたが、めちゃ広い応接室に通されてちょっとびっくり。

話の内容は、現在、我々が主に小中学校を対象にITキャラバン隊の巡回をしているが、今後、高校生を対象にすることも検討しており、その時の講師についての養成や、高校生に対する講演の方法などをいろいろとお聞きした。

また、RIISとして、各自治体の小中学校の教育用システム構築などについて、第三者の専門家の立場からアドバイザをやらせてもらおうと考えていることについてご相談をした。

その中で、財団法人コンピューター教育開発センター(CEC)や社団法人 日本教育工学振興会(JAPET)についてご紹介いただいたが、JAPETでも数年前学校システムについてのコーディネーターの養成が行われて、県内でも教員の方が参加されたようだ。

また、先生のご経験では、小中学校の生徒と違い、高校生を対象とした話の場合は、ああしろこうしろと言うよりきちんと理屈で説明した方が理解してくれると思うとのことで、講演用のプレゼンを作成する時の参考にしたい。(臼井)

コメント

このブログの人気の投稿

事務局から見た、第21回白浜シンポジウム

サイバー探偵団活動の発表と朝日新聞の取材