総務省からの指導

かつて実施していた「高齢者見守り事業」に関して、委託元の総務省と近畿総合通信局のご担当が来所され、当事業の現状と今後の展開方法などについて、確認および指導をいただいた。


当事業は、現在休止中であるが、利用者からのアンケートなどをもとに、システムの改善中であることを説明した。

各地で、高齢者への支援事業を実施しているが、なかなか苦労しているようだ。

我々の大きな課題の1つが、ネットワーク回線料が高齢者にとって負担になっているということなので、どのような方法でコストを削減するかというテーマに取り組んでいる。

(臼井義美)

コメント

このブログの人気の投稿

さいぱと君セミナーを開催

事務局から見た、第21回白浜シンポジウム

7月3号、田辺市を直撃