防災シンポジウムに出席

和歌山大学らが主催する「防災シンポジウム」がBig-Uで開催されたので、参加した。

RIISでは、防災の関係の事業はまだ経験がほとんどないが、現在、スマホの防災案内や防災ヘルメットなどの災害時ネットワークの研究に取り組んでいるので、参考にさせていてだいた。

関西學院大学の室崎教授の講演で、「危機管理や安全安心の考え方」や、「減災を時間、人間、空間、手法の足し算で考える」などの話が興味深かった。

また、玉置日高川町長のお話で、被災地のトップとしての心構えが如何に大切かを感じさせられた。



秋色に染まるBig-Uは、日曜日にもかかわらず、勉強中の若い学生たちで満席状態だった。

(臼井義美)

コメント

このブログの人気の投稿

事務局から見た、第21回白浜シンポジウム

さいぱと君セミナーを開催

サイバー探偵団活動の発表と朝日新聞の取材