地域情報化フォーラム

11月11日には、Big・Uで「ICTを活用した地域情報化」をテーマとしたフォーラムが開催された。

参加者も比較的多かったが、ボクにとってもこのテーマは非常に面白かった。



内容は、「テレビ電話を活用した新しいビジネスモデル」について、大手通信会社がはじめたテレビ電話のお話。

いまどき、何でテレビ電話なの?と思うが、最近、田辺市にも進出したそうで、その名も「株式会社見果てぬ夢」だって^^;

とりあえず、近いうちにこの会社の見物に行ってこよう。



次に、田辺市長が、そのテレビ電話を使って市内で実験している様子を紹介された。

山間部に住む高齢者にとって、福音となるのだろうか。

ボクらは、ケータイでテレビ電話するほうが便利だし、Skypeだったらタダだしと思うのだが、高齢者にはそうはいかないのだろう。

もう一つ、京丹後市の方から、いのししの檻で捕獲した動物の写真をケータイに送信するシステムを紹介された。



ボクが以前和歌山県などに提案していた研究内容と似ているが、現在、我々がいのしし檻に関して農水省から委託されている研究とも近いので興味深く見せてもらった。

最後に手を上げて、意見を言わせてもらった。

「私は、大阪の街中から田辺に移り住んでいる。皆さんのお話を聴きながら、こんなことに気がついた。人脈や情報など都会の文化はネットワークで取り寄せることができるが、海の景色や温泉など地方の文化は都会に持ち込むことができない。だから、ボクは田辺でデジタル人間になることにした。」

コメント

このブログの人気の投稿

事務局から見た、第21回白浜シンポジウム

サイバー探偵団活動の発表と朝日新聞の取材