教材や教育関連機器のお話


最近、ITキャラバン隊や紀州っ子救援隊など、小中学校の生徒たちに役立ちたいとのNPO活動を推進する一方、市町村の教育委員会の方らとICTを活用した授業についてお話する機会が増えてきた。



それに伴い、我らNPOとしても、どのような機器でどのような教材を利用すれば、先生が教えやすく、かつ生徒が理解しやすいだろうかを一緒に考えたいと思う。

また、今後は学校内にとどまらず、ICTを活用して積極的に地域との交流を図るなど、学校の新しい役目があるように思う。



まずは、学校に導入されたICT機器を最大限に活用するために欠かせないデジタル教材やその使い方について、ベンダーなどのお話をお聞きしながら考えていきたい。(臼井)

コメント

このブログの人気の投稿

事務局から見た、第21回白浜シンポジウム

サイバー探偵団活動の発表と朝日新聞の取材