裏方から見た第19回白浜シンポ(3)

2日目は、和歌山大学のスタッフによる第10回危機管理コンテストの決勝戦が行われた。


対戦後、審査委員会が開かれ、それぞれの対戦チームの評価を行った。

また、今回から技術系の話題を中心に、別会場でパラレルセッションを開催することにしたが、結構好評で多くの参加者があった。
 
 
 
昼食は、会場の周辺に店があまりないので、事前に申し込んでもらった弁当を配布することにしたが、参加者の名札に記載されたバーコードで確認しながら渡した。
 
 
協賛企業の各展示会場も賑わっていた。
 
 
 
夕方、参加者は皆でサンセットディナーに出発した。近くのレストランで夕日を見ながら夕食を楽しもうと言うことで、事前に申し込んだ方々と食事を共にしたが、コンテストに参加した学生の皆さんも一緒に楽しんでもらった。
 
 
また、講師の先生方との夕食会を別途催したが、国会の会期中だということで、夕方の飛行機で到着したばかりの内閣サイバーセキュリティセンターの谷脇副センター長にご挨拶をいただいた。
 
 
昨年同様、今年もすばらしい夕日を眺めることができた。
 
 
その後、3つの和室会場に分かれてテーマごとのBOFを行った。
 
 
(臼井義美)
 
 

コメント

このブログの人気の投稿

事務局から見た、第21回白浜シンポジウム

さいぱと君セミナーを開催

サイバー探偵団活動の発表と朝日新聞の取材