ネットワーク回線の増設

NPOで推進している「シニア快適見守り事業」にTV電話を活用することになっており、現在、利用される高齢者の家庭に順次TV電話を設置している。



一方、定期的に開催している「見守りセンター研修会」で、高齢者宅だけにTV電話を設置するだけでなく、事務局や見守り協議会の委員の方にもTV電話を設置して、より有効な支援サービスを検討すべきとの意見が出たため、我がNPOにもTV電話を設置することになった。



しかし、NPOに設置したTV電話を接続するネットワーク回線について、施設の管理者である県の担当者やBig-u施設の指定管理者、ネットワーク保守運営担当者、TV電話の設置担当者らが集まって検討した結果、接続安定性やセキュリティなどの観点から業務用のネットワークと物理的に切り離しておこうとの結論になったため、NTTのフレッツ光回線を事務所に増設することにした。



しかし、NTT西日本に電話したら、新しく回線を引くとすると4ヶ月くらいかかると言われてビックリ。総務省の受託事業は3月末に終わるので、全然間に合わない。

そこで、いろいろな人に尽力をしてもらい、何とか12月中旬に開設できた。

早速、この環境を活用して、TV電話の設置が完了した高齢者の方に、一刻も早く快適な生活支援を実施したいと思っている。

(臼井義美)

コメント

このブログの人気の投稿

事務局から見た、第21回白浜シンポジウム

サイバー探偵団活動の発表と朝日新聞の取材