網わなの現場見学




今日は、網わなの研究のため、共同研究機関である森林動物研究センターが開発している、シカ用網わなの見学を行った。

現地は、クルマでセンターから日本海に向けて1時間以上走った山中で、もうススキがなびき秋の風情だった。

開発中の網わなは、思ったより大きく大人が5,6人くらいかかって設定するくらいの規模だった。

なんでこんな大きさが必要なのかお聞きすると、「できるだけ多くのシカを一度に捕獲するためには、これくらいの大きさが要るのですよ。」とのこと。

実際の設定作業や、捕獲のための落下テストを観て、研究内容を検討した。

コメント

このブログの人気の投稿

事務局から見た、第21回白浜シンポジウム

サイバー探偵団活動の発表と朝日新聞の取材