受託研究のキックオフ



農水省の受託研究に関して、農水省の研究担当官やこの事業に携わる研究者が一堂に会し、キックオフ・ミーティングを行った。

この場で、それぞれ共同研究機関が分担する業務内容の最終調整と、研究スケジュールなどを確定した。

我々の方は、これから網わなや箱わなについての具体的な自動化方策を検討することになっているので、実物の網わなや箱わなを想定して設計して行くことになる。



農水省の方からは、お世辞かも知れないけど「とても有用な研究だと思うので、頑張ってください。」と励まされたこともあり、頑張らなくてはならないのだ。

(臼井義美)

コメント

このブログの人気の投稿

事務局から見た、第21回白浜シンポジウム

サイバー探偵団活動の発表と朝日新聞の取材