白浜シンポジウム実行委員会

今年のシンポジウムも無事終了し収支も確定したので、シンポジウム実行委員会で事務局を担当しているRIISからも決算報告をした。

お陰さまで、不況や新型インフルエンザの影響で、一時はどうなることかと心配したが、収支はトントンで、まずは一安心。

今年のシンポジウムでいただいたアンケートの結果や、当日スタッフとして活躍していただいた方々の意見をもとに、来年度の方向性を議論しあった。

このシンポジウムは、和歌山県や和歌山県警、白浜町などの行政組織や大学、NPOのほか、関心を持っていただいている個人の方々が一体となって実施しているイベントなので、非常に特徴的ではあるが、それぞれの立場の事情もあって調整が大変なことも多い。

しかし、個別の立場を超えて共同で1つの事業を行うということは、非常に大切なことと思う。

来年度に向けて、また相互に協力していい成果を挙げられるよう、委員の皆さんのご協力をいただいて、事務局として参加しているRIISもがんばっていきたい。

コメント

このブログの人気の投稿

さいぱと君セミナーを開催

事務局から見た、第21回白浜シンポジウム

7月3号、田辺市を直撃