災害医療に関する市民会議の説明

今日は、災害医療に関してその活動状況を説明してもらうことになっていた。
 
そこで、田辺市消防本部の方々にも参加していただく予定だったが、夏のため列車が海水浴客で混み合っており、講師たちが京都から移動予定の列車に乗れなくって、残念ながら時間が合わなくなった。
 
 
1時間遅れて講師たちが到着したので、会議を始めた。
 
主に唐川氏より、現在の活動状況についてお話しいただいた。
 
 
 
途中、実際の災害現場で利用予定の携帯型医療器具などを見ながら説明を受けた。
 
 
(臼井義美)
 
 
 

コメント

このブログの人気の投稿

事務局から見た、第21回白浜シンポジウム

サイバー探偵団活動の発表と朝日新聞の取材