クラウドサービスについてJIPの説明

クラウドについて、和歌山県でも対応を進めており、情報政策課などが中心になって、まず4自治体が揃ってクラウドの勉強会を行い、近くクラウド化の作業に入るための準備を行っている。

RIISとしても、これまで研修などを通じてお話ししてきたところであるが、具体的に何らかの提案を行うべきと考え、各社のクラウドサービスを比較検討している。

このうち、自治体が利用しているベンダーに拘らず比較的簡単にクラウド移行のサービスを提供しているJIP社のサービスに注目し、説明を求めた。


 
説明によると、同社は新開発の簡便なクラウドサービスを主に関東地方の自治体向けに提供しており、クラウド化への移管期間も短いものだと2週間で可能ということで、コストパフォーマンスも良さそうだ。
 
他のシステムも検討し、自治体からの質問にお答えできるような体制を取りたい。
 
(臼井義美)

コメント

このブログの人気の投稿

事務局から見た、第21回白浜シンポジウム

サイバー探偵団活動の発表と朝日新聞の取材