北山村で打合せ

ナニワ計算センターの岡田氏と北山村にWEBによるセキュリティ自己点検の説明や日程の打ち合わせに行った。



初めて和歌山県の飛び地である北山村に行くことになったが、スケジュールを組む頃は、12月だと積雪で自家用車では危険なのではないかと想定して、前日の串本町に引き続き、新宮で一泊してJR熊野市駅から北山村村営バスで役場まで行くことにしていた。

実際には、村営バスってどんなバスだろうと期待(心配?)していたが、駅に到着したのは普通のマイクロバスで安心したl。

 
しかし、台風12号の被害で復旧工事中の山道をどんどん進むうち、雪でも降れば自家用車では通れないと地元のバスを選んだことに安堵した。

 
運転手さんが、「あんたら、役場に行くの?」と言って、北山村役場の前でバスを停めてくれた。
 
 
早速、岡田氏がPCを取り出して、利用開始前の準備などについて説明をした。

 
スケジュール等の打合せが終わったら、事前の約束通り公用車で新宮まで送ってもらえることになっていた。
 
途中、有名な筏下りに使う筏が展示されていた。
昔は筏で新宮まで下っていたそうなので、今度来た時は、帰りは筏で下ろうかと相談したら、現在は観光時期だけ村内の川に限っで乗れるのだそうだ。
 
 

 
秋の景色を見ながら新宮まで走ったが、途中の山道はボクのクルマではとても通れないねと話したら、別の道をうまく使うと田辺から2時間余りで北山村まで行けるので、試してごらんとのこと。

 

よし、今度は田辺からクルマで行ってみよう!

(臼井義美)
 

コメント

このブログの人気の投稿

事務局から見た、第21回白浜シンポジウム

サイバー探偵団活動の発表と朝日新聞の取材