NPO法改正に関する相談会

和歌山NPOセンター主催の相談会が田辺市の市民総合センターで開催されたので、下川さんと参加し、ややこしい改正NPO法への対応について、相談した。



今回のNPO法の改正は、かなり大幅な内容で、同NPOセンターには、毎日数十件の問い合わせがあり、職員の対応が追い付かないような状況だったそううだ。

特に複雑なのは、NPOの代表権に関するもので、これまでNPOの登記上は理事全員に代表権があり、責任も平等であるとされているが、定款では代表理事が総理すると書かれており、いろいろなトラブルの元になっていた。

これを企業のように、第三者からも普通の組織に見られる形式に改めることができるというものだ。

しかし、定款変更の認定に2カ月ほどかかり、とても9月末までと言う変更期限に間に合わないとのことで、法務局から暫定処置が示されているとのこと。



当NPOでも、臨時理事会と臨時総会を開いて、会員の承認を得ないければならないので、近々開催するための準備をしている最中である。

(臼井義美)

コメント

このブログの人気の投稿

事務局から見た、第21回白浜シンポジウム

さいぱと君セミナーを開催

サイバー探偵団活動の発表と朝日新聞の取材