鳥獣害対策に関わる無線テスト



鳥獣害対策として取り組んでいる、イノシシ捕獲檻やシカ捕獲用ネットに関して、RIISの研究分担である自動落下装置の研究を行っている。

今年度は、ドロップネットの無線信号による落下装置についてテストしているが、無線による安価で確実なネットの落下方法を探っている。



いろいろな方法を検討し、最も有効な電子機器の組み合わせを見つけ出し、それを実際のドロップネットに取り付けて実験を重ねる予定である。



(臼井義美)

コメント

このブログの人気の投稿

さいぱと君セミナーを開催

事務局から見た、第21回白浜シンポジウム

7月3号、田辺市を直撃