害獣捕獲の研究に着手

RIISを含む研究グループで取り組んでいた害獣捕獲に関する研究が農水省の助成対象に採択されたので、本格的に取り組むこととなった。

我々のチームは、檻を含むネットワークの構築および檻の構造と材料の研究が中心となるため、和歌山高専の先生方と共同で研究を進めている。



今回は、高専を訪れて、いくつかのアイデアをもとに研究の方向性などについて、打ち合わせを行った。

コメント

このブログの人気の投稿

事務局から見た、第21回白浜シンポジウム

サイバー探偵団活動の発表と朝日新聞の取材