県庁に業務内容の説明に行く

最近、NPOがコンソーシアムに参加して行っている県の業務について担当の方に説明する必要があって、コンソーシアム代表者2人で県庁に伺ってお話をさせてもらった。

和歌山県の情報政策などの業務は、新しく建設された南館で行われており、今回もモダンな南館に入った。

この建物、ガラスが多くてこれから夏のシーズンは結構暑いそうだ。



今日はあまり前向きなお話ではなかったけど、近いうちにいくつか面白いプランを提示できそうなので、またそれぞれのご担当の方とおしゃべりしたいと思う。

本来NPOたるもの、行政の手の届かない部分をお手伝いできてこそ、存在意義があるんだから、そういう方面で役立たねば。。。

コメント

このブログの人気の投稿

事務局から見た、第21回白浜シンポジウム

さいぱと君セミナーを開催

サイバー探偵団活動の発表と朝日新聞の取材