仕事始めに森林動物研究センターへ




近畿経済産業局より、害獣捕獲ロボットの研究に対してメールでご連絡いただいた農林水産省関連の支援について検討するため、兵庫県立森林動物研究センターに出かけた。

丹波の自宅から、高速道路を使ってクルマで約30分の距離だが、久しぶりに太陽の日差しがさす暖かい日になった。

センターに着くとすぐに、昨年、経済産業省の助成金の申請を一緒に行った坂田先生と、今度の申請の可能性などについて話し合った。



同センターでは、既に農水省のこの研究の助成を受けて、森林総合研究所とともに研究中であるが、センター独自の研究も行いたいとの意向もあるそうだ。

そこで、新しい研究テーマとして、害獣捕獲ロボットについて、共同で研究していくことを検討していただくことになった。(臼井)

コメント

このブログの人気の投稿

事務局から見た、第21回白浜シンポジウム

さいぱと君セミナーを開催

サイバー探偵団活動の発表と朝日新聞の取材