第2回 白浜第一小学校でのLoRaレスキューネット実証実験

今日は、白浜第一小学校の避難訓練に協力していただき、RoLaレスキューネットワークの実証実験を行う。
前回は、学校から離れた避難所に避難したが、今回は屋上に避難することになっている。
校長先生から過去に屋上に氷が張ったこともあると聞いていたが、今日は晴れているのでその心配はなさそうだ。

8:10頃から、石垣くんに防災センターの準備をしてもらった。
前回、「地図表示と双方向ライブ映像を1つのモニターで見たほうが良いのでは」という意見があったので、そのようにセッティングをしてもらった。



8:30頃、下川さん、石垣くん、尾崎さん、山田さんの4名が小学校へ向かってくれた。
前回は場所が離れていたということもあり、記録係が足りず、撮影できていなかった部分があったため、今回は撮影係りを確保して実験に望んだ。

RIISの事務所がある情報交流センタービッグユー周辺では気にならなかったが、白浜第一小学校は風が強かった。
先に到着していたドローン担当の橋本くんと合流して状況を確認すると、どうも時折の強風のため、ドローンの飛行は厳しいようだ。
飛ばせるように準備をしてもらい、様子をみることにした。

西庄くんも小学校へ到着し、これで小学校のメンバーは全員揃った。

石垣くんの指示のもと、アンテナ接続やモニター、トラッカーの受信チェックなど、最終確認を行った。

(モニターのチェックをする西庄くん)

(ドローンの準備を


9:40頃、校長先生から3学年児童にヘルメットが配布された。

(校長先生と担任の先生がヘルメットを配布)

(校長先生からの説明を受ける児童)

(訓練まで机にかけておくことになった)


9:50頃、避難訓練に備え、校長先生と石垣くんが屋上へあがっていった。
到着した白浜消防本部の職員も、屋上へ上がってきてくれたので、タブレットを使ってトラッカーの状態を確認してもらった。



やはり、強風のためドローンを飛ばすことは難しいようだ。
代わりに、橋本くんには避難訓練の実況中継をしてもらうことにした。

10:00頃、校内放送が流れ、児童が避難を開始した。

順次、児童が屋上へ集まり始めた。
トラッカー付ヘルメットを着用した3学年児童も到着し、全児童が屋上への避難を完了した。
屋上にも、時折強風が吹き、砂が舞っていた石垣くんが言っていた。

(ヘルメットを着用した3学年児童)

(全員集合し、校長先生の話を聞く児童)


石垣くんから、屋上に迷子役の西庄くんが居ないとの連絡をもらったので、捜索役の下川さんへ連絡し、捜索を開始してもらった。



ドローンの先行捜索はなかったが、地図上の迷子役アイコンを目指し、無事に発見することができ、無事に実証実験が終了できた。

(迷子役を無事に発見)

(防災センターでモニターを確認している様子)


片付けが終わって戻ってきたスタッフと一緒に昼食をとった。


コメント

このブログの人気の投稿

さいぱと君セミナーを開催

LoRaレスキューネット実証実験

事務局から見た、第21回白浜シンポジウム