和歌山県人権啓発センターとの打合せ

人権啓発センターの玉置課長らが、10月に行う予定の「情報と人権を考える」ワークショップの企画について、相談に来られた。

 
前回のセミナーでお2人の先生方の会話がとても好評だったとのことで、今度はワークショップという名称にして、やはり2人の講師の会話を聞いてもらう形にしたいということだった。
 
そういうことで、ボクも誰か相棒を探しておしゃべりすることになった。

(臼井義美)

コメント

このブログの人気の投稿

事務局から見た、第21回白浜シンポジウム

サイバー探偵団活動の発表と朝日新聞の取材