第1回ドローン利活用研究会を開催

航空法が改正されて、ドローンの規制がどうなるのか、気をもんでいたドローンファンが、取り敢えず大きな規制が取り入れられなくなったことで、東京や大阪でも盛んに研究会などが開かれるようになった。

我々も、田辺消防本部とドローンの実証実験を続けていたので、この辺りで興味のある方々に報告することも兼ねて「第1回の利活用研究会」をBig・Uで開催した。

最初に、私がドローンの現状について簡単に説明した。

 
その後、消防庁消防大学の新井場研究官から、消防研究センターにおけるドローンの開発や利用の状況についてご講演をいただき、土砂災害時の活用実績や課題などをお話しいただいた。
 

また、株式会社ブイキューブの船津大阪営業所長から、同社のドローンのついての取り組みなどを実際の機器を使いながら説明された。
 
 
最後に、我々NPOと消防活動用ドローンの実証実験を続けている田辺市消防本部の安田課長より、実証実験の経過とそこで見つかった課題などについてお話しいただいた。
 
 
 
NHKの取材があったので、いくつかの質問に答えた。
 
(臼井義美)
 

コメント

このブログの人気の投稿

海南市で職員研修を実施

JNSA全国連絡会議に参加