消防庁でプレゼン

今日は、RIISで検討している防災ヘルメットの研究募集に応募したところ、プレゼンの日程が決まったので、会場となる東京の消防大学に元気良く出かけた。
 
ところが、白浜空港に着くと、何か張り紙がしてあって、「朝の便は決行になりました」とのこと。
 
 
 
あわてて会場に連絡をして、プレゼンの順序を変えるなどの対応を依頼した。
 
次の便で行くことになっても「時間的に発表できるように、順序を変えることができた」との連絡があったので、安心して羽田に向かった。
 
 
会場の消防大学は調布市にあるようで、ボクは新宿より外へ出たことがなかったので、未知の領域に踏み込むことになったのだ。
 

会場は、消防研究センターという新しい建物で、審査員の先生が10名くらい聴いておられ、20分の説明と10分の質問時間が割り当てられていた。

ともかく、飛行機の欠航という大トラブルに直面したが、何とか無事終了した。

(臼井義美)

コメント

このブログの人気の投稿

事務局から見た、第21回白浜シンポジウム

サイバー探偵団活動の発表と朝日新聞の取材