和歌山県新しい公共支援



我々が行っているNPO活動を、今後、新しい公共として認められるような活動に変えていくためにどのような方策を採用すればいいかについて、和歌山県NPOサポートセンターの方達に指導をしてもらうことになり、NPOの情報発信の方法などについて相談をした。

講師として、京都地域創造基金の深尾理事長より、認定NPOを目指す場合の寄付金の集め方の具体的な方法についてお話された。



同基金では、実際にいくつかのNPOから委託されて、寄付金を集める活動をされているので、非常に具体的なお話で、大変役に立った。

特に我々NPOの特徴を活かした公益活動として考えているいくつかの活動に興味を持っていただいたが、我々自身が今後のNPO活動の方向性を見つける有益な情報をいただいた。
(臼井義美)

コメント

このブログの人気の投稿

さいぱと君セミナーを開催

事務局から見た、第21回白浜シンポジウム

7月3号、田辺市を直撃