情報危機管理コンテスト(決勝戦)





ホテルで目覚めると、窓から眺める太平洋は雨だった。






この日は、コンテスト会場で危機管理コンテストの決勝戦が行われた。参加チームの皆さんを前にコンテストスタッフが競技の説明をし、本格的に競技が始まった。






決勝戦の後、審査委員の方々が議論を重ね、今年は同志社大学のチームが優勝となった。








最終日に、メイン会場で表彰式が行われ、会場から参加チームの健闘を称えて大きな拍手が送られた。

やはり若い人が情報セキュリティに積極的に関わってもらえれば、コンテストの実施意義があるのではないだろうか。














シンポジウム終了後は、それぞれ観光地を楽しもうとしたが、生憎の雨のため、ボクらは「とれとれ市場」に行って、昼飯を食べ、みやげものを買うことにした。


「また来年、会おうね」と言って名残惜しいけど、それぞれ帰途に向かった。

来年は、晴天に恵まれるといいなあ。

(臼井義美)

コメント

このブログの人気の投稿

事務局から見た、第21回白浜シンポジウム

さいぱと君セミナーを開催

サイバー探偵団活動の発表と朝日新聞の取材