高齢者支援ネットワークの企画

高齢者支援ネットワークの構築を企画している。

テレビ電話を有効活用する方法について、かなり具体的な方法を検討しているが、現在、実機を使ってテスト中である。

また、その活用方法について、高齢者の個人情報保護との兼ね合いも含めて、最も有効に活用できる方法を検討している。



白浜町では、町内で設置された光ファイバーの有効活用に繋がるかについて、ご相談をした。

また、実際に、高齢者の家庭に設置した場合、どのような負担と効果があるかについても、実機を使いながら検討している。

しかし、実機を設置するにも、各家庭ごとにネットワーク環境が違うので、結構、面倒。



RIISの事務所内でも、事務室のPCなどにセキュリティ上の影響が及ばないように、ネットワークの設定を調整したり、なかなか面倒。

でも、これからは、映像の時代だなあとつくづく実感することもしきりだ。



(臼井義美)

コメント

このブログの人気の投稿

事務局から見た、第21回白浜シンポジウム

サイバー探偵団活動の発表と朝日新聞の取材