高齢者支援ネットワーク

NPOとして翌年度の事業計画に取り組んでいるが、自治体のヒアリングを行いつつ、計画を具体化している。

今回は、特に、既存のデジタルネットワークを活用して地域の高齢者の生活支援の方法についてプランニングして、自治体の方々とご相談している。

この日も、すさみ町の方々にプランを見ていただいたが、ここでは既に高齢者の支援のために具体的なシステム構築を進めておられ、それがどこまで有効に活用できるかに期待を持っておられる様子。



システムが実用化されれば、ぜひ、その効果についてお聞きしたいと思う。

また、白浜町でも当プランについてお話し、この計画を実施すれば限界集落の生活サポートなどにどのように有効かなどの議論を行った。



具体的には、高齢者に対して実務的な支援をされている社会福祉協議会などと連携して、高齢者がどのようなサービスを望んでいるか、などの調査を行うことから始めようと思っている。

コメント

このブログの人気の投稿

さいぱと君セミナーを開催

事務局から見た、第21回白浜シンポジウム

7月3号、田辺市を直撃