兵庫県立大にて、研究の進捗報告



先日、兵庫県立大学を訪ねて、現在進めている「害獣対策研究事業」について、網わなや箱わなの開発状況や予算の執行状況などについて、取りまとめ役の先生等にご説明した。

網わなの研究を担当している能見と、箱わなを担当している臼井から、それぞれの装置について研究開発の状況をご説明した後、今後のスケジュールについても確認し合った。

また、経理を担当している下川より現在行っている経理処理についてご説明すると共に、処理方法の再確認を行って一部調整する必要があることがわかった。

大学のオフィスからも神戸の海が見えるが、田辺で眺める長閑な海の風景と大変趣が違うなあ。

(臼井義美)

コメント

このブログの人気の投稿

事務局から見た、第21回白浜シンポジウム

第1回ドローン利活用研究会を開催

JNSA全国連絡会議に参加